2019年 1月 17日 (木)

「スズメバチ巣で自慰男、刺され死ぬ」 日英のメディアが「お笑い大虚報」に釣られた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スズメバチの巣にペニスを突っ込んで自慰行為を行ったスウェーデン男性が、刺されて死亡――思わず「ええっ!?」と声を上げたくなるようなニュースが、国内外で配信された。

   日本では日刊スポーツ(ウェブ版)、海外では英国のザ・サンやIBタイムズといった大手メディアや地元ラジオ局なども報じたこの話題、ところがどうやら虚報らしい。

突っ込んだ局部を54か所刺されて…

スズメバチの巣を刺激する行為は極めて危険。自慰ならぬ自殺行為だ(イメージ)
スズメバチの巣を刺激する行為は極めて危険。自慰ならぬ自殺行為だ(イメージ)

   その内容を、日刊スポーツが2013年5月15日深夜にウェブ版で配信した記事を元に見てみよう。なお、IBタイムズなど海外紙に掲載された記事も、おおむね同内容を伝えている。

   死亡したとされるのは、スウェーデン・イースタッドに暮らす35歳の男性だ。「地元紙」によれば13日昼、男性は自らの牧場で、全身がはれ上がった「クジラの死体のような」無残な姿で発見された。

   男性の傍らには、スズメバチの巣が転がっていた。巣の中には男性の陰毛、そしてスズメバチの死体には男性の精液がかかった形跡が――こうした物証から地元警察は、男性が自らのペニスを巣に突っ込んで自慰行為を行い、スズメバチに刺されて死亡したと推測した。事実、全身145か所に及ぶ刺し傷のうち、54か所がその局部に集中していたという。まさに挿しつ刺されつといったところか。

   この「ツッコミどころしかない」ニュースは、たちまちネットを席巻した。該当記事のツイート数は1万回を突破し、2ちゃんねるでも、

「本当に逝ってどうする」
「たかが一発の為にスズメバチから146発も受けるなんて(´;ω;`)」
「しっかり発射してんのが笑える」

などと爆笑が広がり、相次いで大手ニュースブログにも転載された。海外のツイッターでもツッコミが相次ぐ。

「知りうる限り一番変なフェチだよ……何考えてたんだろう」
「これは単なるバカかそれとも自然淘汰という奴か……うん、まあ両方だろうな」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中