サッカー、ベッカム現役引退 W杯日韓大会で人気沸騰

印刷

   サッカー元イングランド代表のデビッド・ベッカム選手が2013年5月16日、今期限りでの引退を表明した。

   ベッカム選手は、現在日本代表の香川真司選手が所属するイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドでデビュー。その後スペインのレアル・マドリードや米ロサンゼルス・ギャラクシーなどでプレーし、今期はフランスのパリ・サンジェルマンに移籍、リーグ優勝に貢献した。

   イングランド代表でも長年にわたって活躍し、2002年にワールドカップ日韓大会で来日した際は、ヘアースタイルが注目されるなど人気を集めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中