2019年 8月 18日 (日)

壇蜜、実はオタク女子だった? キン肉マンネタに爆笑する意外な一面

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「エロスの女王」としてすっかりおなじみになった壇蜜さん(32)だが、実は意外と「オタク」女子かも――そんな一幕が、収録現場で見られた。

   スマートフォン向け放送局「NOTTV」(mmbi提供)で放送中の「壇蜜の××(チョメチョメ)」は、壇蜜さんがゲストともにトークや企画などを繰り広げる番組だ。自身「放送コードを気にしないで喋ってる壇蜜が見られるのはNOTTVだけ」と語るように、かなり「ギリギリ」な内容が売りだ。

「ウォーズマン」がツボにはまった

収録のひとコマ。色っぽいイメージシーンの撮影中だ
収録のひとコマ。色っぽいイメージシーンの撮影中だ

   2013年5月17日、その収録の模様が報道陣に公開された。この日のメーン企画は「大喜利」だったが、壇蜜さんはイジリー岡田さんやホリさんといった共演者の会話に身をよじって笑いっぱなし。そのたびに短いスカートの中が見えそうになるのを、片手を差し込んで隠す姿が印象的だった。

   ところで、そんな壇蜜さんがひときわツボにはまった一瞬があった。写真を使って適当なセリフを当てて「ボケる」というこのコーナーで、「両手を挙げた銅像」の写真に共演者の1人が、1980年代の人気漫画「キン肉マン」に登場する必殺技にちなんだネタを叫んだ。

「ダブルベアクロー!」

   銅像の姿が、同作に登場するロボ超人・ウォーズマンの必殺技のポーズに似ている、というギャグだったのだが、キン肉マン自体が一昔前の漫画でもあり、他の共演者はぴんとこなかったのか微妙な空気に。ところが壇蜜さんだけは、

「ウォーズマン……!(笑)」

と吹き出した。ちなみに壇蜜さんは1980年生まれで、いわゆるリアルタイム世代よりは少し若い。「ダブルベアクロー」でウォーズマンという名前がすぐに出てくる女性は、オタクでない限り普通あまりいないように思うが……。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中