小5男児が線路に転落で軽傷 携帯に気取られたか

印刷

   2013年5月27日16時20分頃、東京都新宿区四谷のJR中央線四ツ谷駅で、携帯電話を見ながら歩いていた小学5年生の男子児童が、誤って下の線路に転落する事故があった。

   直後に八王子発東京行き快速電車(10両編成)が進入したが、男児はホームと線路の隙間に入っていたため電車との接触はなく、鼻と口に軽いけがを負っただけだった。

   朝日新聞の報道などによると、男児は携帯電話を見ながらホーム上を歩いていて、足を滑らせたとみられるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中