2018年 7月 23日 (月)

12年の交通事故死者4411人、12年連続減少 13年版交通安全白書

印刷

   政府は2013年5月28日午前の閣議で、2013年版「交通安全白書」を決定した。12年の交通事故による死亡者数は前年より252人減の4411人となり、12年連続で減少した。死亡者の減少は、シートベルトの着用率の向上やブレーキの技術改良などが要因という。

   また、飲酒運転に対する罰則強化が奏功。飲酒運転による死亡事故発生は前年より14件少ない256件で、1990年以降最少となった。

   ただ、事故死者数のうち65歳以上の高齢者は2264人と全体の51.3%を占め、警察庁の記録にある1967年以降、最も高い割合となった。

   高齢者の死亡者のうち49.0%が歩行中の事故で、「自動車乗車中」(26.1%)、「自転車乗車中」(16.1%)と続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中