竹島巡り広報活動の必要性強調 政府有識者懇談会

印刷

   政府は2013年5月28日、「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」を開いた。会合の中で島根県・竹島について韓国の領有権主張は国際法違反との見解で一致し、日本の立場を国際的に理解してもらうための広報活動が必要だとの意見が出た。

   竹島を巡っては2012年、当時の民主党政権下で国際司法裁判所に単独提訴する可能性が示されたが、今日まで見送られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中