2020年 12月 5日 (土)

盗んだ仏像「どうしても返さない」 韓国の僧侶、教授らが討論会で「怪気炎」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   長崎県対馬の寺から韓国の窃盗団に盗まれた2体の仏像は、今も戻されないままだ。韓国中部にある浮石寺を中心に、「そもそも仏像は日本が略奪した」との主張が広がり、韓国の裁判所も日本への返還を差し止める仮処分を出した。

   この浮石寺、住職が「アポなし」で対馬を訪れたり、仏像の代わりに「マスコット」を渡そうとしたりと不可解な行動をとっていたが、今度は韓国内で研究者らを集めて「討論会」を開催。「仏像は返さん」と改めて強調したという。

日韓基本条約で解決済みも「韓国政府が主張すべき」

   仏像返還問題に絡み、ソウルで討論会が開かれたのは2013年5月30日。当日の様子を、5月31日付の韓国紙「ソウル新聞」電子版が詳しく伝えている。

   発言内容が紹介されていたのは6人。まず浮石寺の僧侶が、対馬・観音寺から盗まれた観世音菩薩坐像に関して「700年前に浮石寺でつくられたと記録に残っている」と話し、仏像は日本に戻すのではなく浮石寺で保管すべきとの従来の見解を繰り返した。

   元国会議員のキム・ウォヌン氏は1965年に締結された日韓基本条約で、当時の韓国政府が文化財を含めた請求権を放棄したのが問題だったと指摘。日本側が仏像2体を正当なルートで入手したことを証明できなければ返還する必要はないと述べたうえ、韓国政府に対しても文化財問題で堂々と主張すべきだと注文をつけている。「倭寇による略奪品」という大学教授からの指摘もあった。

   一方、元チュニジア大使で大学教授のキム・ギョンイム氏は、仏像は韓国人の窃盗で持ち込まれた事実を踏まえつつ、日本がかつて韓国から略奪したものだと分かれば返却する必要はなく、略奪がはっきりしない場合でも日本側に「どのような経緯で仏像を入手したのか」を問えるはずだとの考えを示した。参加者の主張はいずれも、「盗品でも返す義務なし」というわけだ。

   キム・ウォヌン氏が語ったように、文化財返還に関しては日韓基本条約で解決済みというのが日本政府の立場だ。当時、交渉において日本側から経済支援を得る代わりに、請求権を放棄したとみられる。ただ例外もあった。2010年、日韓併合100年で当時の菅直人首相が談話で「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書を「お渡ししたい」と表明。あくまで特例のため「返還」という表現を避け、2011年に「朝鮮王室儀軌」が韓国側に引き渡された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中