2020年 8月 11日 (火)

アノニマスが政府サイト攻撃、退陣要求 イスタンブール騒乱、現地ネットで「空中戦」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   トルコのイスタンブールで発生した反政府デモが長期化の様相を見せるなか、ネット上の「空中戦」も活発化してきた。国際的ハッカー集団「アノニマス」とみられる集団が政府関係のサイトを攻撃。ツイッターは、新政府派と反政府派の両方に積極活用されている。 また、保守派の新聞は「ソーシャルメディアでデマが拡散している」などと報じており、騒動の早期鎮静化を図りたい考えのようだ。

市営バスを破壊しATMから現金を盗む

「アノニマス」を名乗る集団が公開した犯行予告ビデオ。この翌日に政府関連サイトがつながらなくなった
「アノニマス」を名乗る集団が公開した犯行予告ビデオ。この翌日に政府関連サイトがつながらなくなった

   デモは2013年5月31日、中心部のタクシム広場に隣接する公園の取り壊し計画に反対する市民の集団を機動隊が強制的に排除したことがきっかけで広がりを見せた。タクシム広場周辺は数千人のデモ隊が占拠し、機動隊はデモ隊に放水したり催涙弾を発砲するなどしている。イスタンブールの日本総領事館がウェブサイトに掲載している「緊急治安速報」によると、デモ隊は市営バスを破壊してバリケードにしたり、ATMを破壊して現金を奪うなど、暴徒化の様相を呈している。

   そんな中、ネット上での戦いも激化しつつある。6月2日には、国際ハッカー集団「アノニマス」を名乗るインターネット利用者が、犯行予告動画を公開。

「トルコは、いわゆる近代的な民主主義国家だと思われているが、トルコ政府は中国やイランの下らない独裁者のように振る舞っている。アノニマスはこの行動に憤っており、世界中のアノニマスが団結してトルコ政府を屈服させる。トルコ政府の全てのインターネットと通信設備に攻撃を加える」

と警告した。翌6月3日には犯行予告が実行に移された模様で、アブドゥラー・ギュル大統領、与党の公正発展党といった政府与党関連の公式サイトが相次いで攻撃を受け、つながらなくなった。トルコの一部メディアのウェブサイトも「事態を十分に報じなかった」として同様の攻撃を受けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中