2018年 7月 23日 (月)

中央大の吉見教授が橋下市長の主張を否定

印刷

   従軍慰安婦問題を研究している中央大学の吉見義明教授が2013年6月4日に大阪市役所で記者会見し、橋下徹市長の主張を否定した。共同通信などが報じた。

   橋下市長は5月27日に日本外国特派員協会で記者会見を開いたが、その際に同席した桜内文城衆院議員が、吉見教授の主張を捏造だと発言したことについても「名誉を著しく傷つけられた」と非難した。

   吉見教授は慰安婦を「性奴隷だった」と指摘し、内務省や総督府も深く関与していたなどと説明した。軍の施設と慰安所を作った国は日本以外にはなく慰安婦制度は「特異だった」とした。(17時15分修正)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中