2021年 6月 22日 (火)

「尖閣棚上げ合意」はあったのか 野中「生き証人」発言が論議呼ぶ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「わが国の外交記録を見る限り、そういった事実はない」

   一方で棚上げへの「合意」はなかったというのが、日本の立場だ。

   外務省が2013年3月にまとめた資料では「1972年の日中国交正常化の際、また、1978年の日中平和友好条約の交渉の際に尖閣諸島の『棚上げ』に合意していない」との見解を示しているほか、4日には野中発言を受け、岸田文雄外相が「わが国の外交記録を見る限り、そういった事実はない」と発言、菅官房長官も5日、「伝聞の話で根拠もない」などとかなり強いトーンで野中氏を非難している。

   国と国の「合意」なら何らかの形で文書にしているはずだ、というのが政府の見解だとみられる。

   対する野中氏は帰国後、「私はそれ(合意の事実)を言うために(中国に)行ったのだから、発言の撤回などしません」と反論している。また5日には瀬野清水・前重慶総領事が「暗黙の了解はあった」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中