2021年 8月 1日 (日)

指原に過去最高「15万票」の秘密 熱狂ヲタだけでなくライトファンが大量投票?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2013年6月8日に開票が行われた「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」で、HKT48の指原莉乃さん(20)が15万570票を獲得し、センターの座に輝いた。

   これまでの最高得票数は11年に前田敦子さんが獲得した13万9892票だったが、これを大きく上回って指原さんの得票数が過去最高となった。驚異の数字だが、ここまで票数を伸ばした要因は何だったのか。

大分市「職員や市民に投票は呼びかけていない」

センター指原の時代がキター!(11年2月撮影)
センター指原の時代がキター!(11年2月撮影)

   指原さんといえば12年6月、前回総選挙直後の「元カレスキャンダル」がきっかけとなってAKB48からHKT48に移籍した上、バラエティー番組でもスキャンダルを積極的にネタにしていることもあり、「お騒がせ」「ヨゴレ」のイメージが強い。

   そんな指原さんがアイドルグループの頂点に君臨した、という事実をなかなか受け入れられないファンも多く、インターネット上では「一部の層の大量投票があったのでは」、特に「大分市からの票がかなりの割合を占めているのでは」といううがった見方が出ている。

   指原さんは大分市出身で、市の観光大使も務めている。釘宮磐市長が13年4月9日、市公式サイトの日記で、指原さんの選抜総選挙立候補に触れ「今回もしっかりと応援していきたい」と書いていたことや、釘宮市長が投票を市職員や市民などに広く呼びかけていくとした一部報道もあり、何らかのバックアップがあったのではないかというのだ。

   ところが大分市に問い合わせたところ、「選抜総選挙について指原さんを特に応援したという事実はない」との答えが返ってきた。日頃から指原さんの活動を応援はしているが、市職員や市民に投票を呼びかけるといったことはしなかったという。

   開票当日はフジテレビと中継がつながっていたため、釘宮市長をはじめ、ファンが集って指原さんの1位を祝福していたが、その後は特に町を挙げて盛り上がっている様子も見られないとのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中