2018年 7月 19日 (木)

記者にiPhone使った「撮影研修」 米紙、カメラマン全員解雇で

印刷

   米タブロイド紙「シカゴ・サンタイムズ」が、写真部を解散して所属カメラマンを全員解雇したうえ、記者に米アップルの「アイフォーン(iPhone)」を使った撮影研修の受講を課していると、同社の元記者のロバート・フェダー氏が2013年5月31日、自身のフェイスブックに書き込んだ。

   翌6月1日付の投稿では、同紙編集長が社員に当てた5月30日付のメールの内容を公開。5月31日に第1回の撮影研修を、午前と午後の2回に分けて実施すると書かれている。一連の研修では社員がiPhoneによる写真撮影術に加えて、映像の撮り方、基礎的な編集方法、ソーシャルメディアの利用法を身につけるよう促している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中