2018年 7月 21日 (土)

「あまちゃん」テーマ曲流す選挙カー 作曲家「一切関係ありません」と便乗批判

印刷

   NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲を作った、作曲家の大友良英さん(53)が2013年6月14日、「あまちゃんのテーマ曲を選挙カーが流しているという通報複数もらってますが、私は一切関係ありません」とブログで発表した。

   「あまちゃん」は10日に22.1%(ビデオリサーチ・関東地区)の視聴率を記録するほどの人気番組だが、7月の参院選を前に「あまちゃん」人気に便乗しようする候補者が多いのだろうか。

「流行の音楽を利用するような選挙活動はやめてほしい」

   大友さんはテーマ曲が政治利用されていることについて、

「どれだけの思いで私たちがつくったか、毎朝みながドラマを楽しみしているという想像力も働かずに流行にのって集票に利用していいと思う程度の想像力の人たちが政治に関わるってどうなんだろう」

と、安易に「あまちゃん」人気を票に結びつけようとする政治家に苦言を呈している。

   テーマ曲は以前から度々、政治利用されているらしく、

「最初にこの話を聞いたときに、個人的にメールを出し、理解していただき、政治の広報に使うのをやめてもらいました。これで安心かと思いましたが、その後も音楽使用あとを断ちません」

という。また利用は特定の政党・候補者だけではないらしく、

「複数の政党?複数の候補者?が使っているようですが、正直全てにお願いすることは個人では不可能です」

と嘆く。それぞれの候補者に要請しても「もぐらたたき」のように続出するのだろう。

   大友さんは「便乗」利用する候補者に向けて、

「政治家を目指すような人は流行の音楽を利用するような選挙活動はやめてほしい、そう強く思っています」

と流行への便乗ではなく、個人の自助努力での選挙活動を求めている。

   6月14日から東京都議会議員選挙の選挙戦がスタートしたが、都内の候補者の選挙カーでも「あまちゃん」テーマ曲は使用されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中