米ワシントンポスト、有料で企業の「意見広告」掲載サービス

印刷

   米有力紙ワシントンポストが電子版に、企業や団体からの意見投稿を受け付け、掲載するサービス「スポンサード・ビュー」を開始した。

   同紙は2013年6月12日から、電子版の有料化をスタートし、「スポンサード・ビュー」も同日発表した。受け付けるのは最大600字で、同紙編集部によるオピニオン記事に対する投稿が可能となる。一般読者からの意見と同様に、企業からのオピニオンを有料で載せるというもの。広告の扱いだが、時には同紙の記事に反論することも可能になりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中