2018年 7月 24日 (火)

AKB板野、前田敦子と「4か月しゃべらなかった」 卒業前大ゲンカの真相明かす

印刷

   2013年8月に卒業を予定しているAKB48の板野友美さん(21)が、12年に卒業した前田敦子さん(21)と「喧嘩して4か月間口を利かなかった」とテレビ番組で明かした。

   ファンの間では互いを「親友」と認め合う仲として知られていたが、4か月もしゃべらない時期があったことは今まで公になっていなかった。インターネット上では驚きの声が上がっている。

「私の一番の親友、ともちん」「敦子はかけがえのない存在」と言い合っていた

前田さんとの仲違いを明かした板野さん(13年2月撮影)
前田さんとの仲違いを明かした板野さん(13年2月撮影)

   板野さんは13年6月18日放送の「有吉AKB共和国」(TBS系)に出演した。

   12年8月27日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた前田さんの卒業記念公演で、板野さんは「敦子が卒業を決めてあと1か月っていうときに、ささいなことで喧嘩をしてしまって…」と明かしていたのだが、これについて司会の有吉弘行さんから「前田と仲悪い時期あったのね」と聞かれ「ありましたね。卒業前に喧嘩をしちゃって、4か月ぐらいしゃべってなかった」と告白した。

   喧嘩の理由までは明かされなかったが、「卒業の東京ドーム(12年8月24~26日まで行われたAKBのコンサート)のリハーサル3日目ぐらいの時に私から声かけて仲直りして、ネックレスをお揃いでプレゼントしたんです」と、現在は良好な関係に戻っていると話した。

   板野さんと前田さんは同じ1期生で同い年、誕生日は1週間違いで血液型も同じと共通点が多く、特に仲のいいメンバーとして知られていた。

   10年の板野さんの誕生日を祝う劇場公演では、前田さんから「私の一番の親友、ともちんへ」「私にとって心から何でもしゃべれるのはともちんです」「お揃いのネックレスも一生付けていきましょう」「ともの一番の親友、前田敦子より」などと書かれた手紙が送られた。12年の前田さんの誕生日を祝う公演でも、板野さんから「敦子とは数え切れない思い出があります」「ともにとって敦子はかけがえのない存在」「ともはいつでも敦子の味方です」などと書かれた手紙が送られ、互いに「無二の親友」と認め合う仲だったのだ。

あっちゃん主催の花火観賞に誘われなかったともちん

   ところが12年8月、前田さんがAKBのメンバーらを集めて東京湾の花火大会を見たのだが、そこに板野さんはいなかった。

   前田さんの集まりに参加していた篠田麻里子さんが板野さんにツイッターで「こないのー?」と呼びかけたところ、板野さんは「今日は敦子に誘われてないからいかないよー」と返していた。

   前田さんの親友の板野さんが呼ばれなかったことにファンは驚いたが、前田さんの卒業公演で喧嘩していたことが明かされ、インターネット上に「やっぱケンカしてたんだな!」「だから花火よばれなかったのか」などと書き込まれていた。

   しかし4か月も喧嘩が続いていたということにファンは改めて驚いたようで、「四ヶ月間も口聞かなかったのは知らんかったw」「期間が明言されたのは初じゃないか」「4ヶ月喋ってなかったとか、冷戦半端ねーなww」といった声が上がっている。「仲直りのエピソードはさすが!」「あつともの関係性好きだよおおおお」など、最終的に元に戻った2人の絆に感動したという書き込みも見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中