「病院の番号呼ばわりに激怒」岩手県議、記者会見で謝罪 辞職は否定

印刷

   病院で自身を「番号」で呼ばれたことに憤慨し、ブログに「ここは刑務所か!」などと記したことで批判を受けていた小泉光男・岩手県議(56)が2013年6月17日、記者会見を開き、「不適切な表現で著しく配慮に欠けていた」と謝罪した。

   小泉県議は5日、自身のブログで、岩手県立中央病院を受診した際に「241番の方」と番号で呼ばれたことに憤り、「名前で呼べよ!」などと職員に食って掛かり、会計をせずに帰った顛末を投稿、これが「暴言」としてネットで話題になり、ブログを閉鎖していた。県議を辞職する考えはないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中