慰安婦発言めぐる国連勧告「従う義務なし」 答弁書を閣議決定

印刷

   日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)のいわゆる従軍慰安婦に関連する発言を念頭に、国連の拷問禁止委員会が日本政府に対して一連の発言に反論するように勧告していたことを受け、政府は2013年6月18日、「締約国に従うことを義務付けているものではない」とする答弁書を閣議決定した。共産党の紙智子参院議員の質問主意書に答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中