2021年 4月 18日 (日)

「替え玉発祥の店」ラーメン16年ぶり値上げ 7月1日から1杯400円が500円に

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「どのタイミングで値上げするか」だけ

   「100円ハンバーガー」でデフレ時でも売り上げを伸ばしてきた日本マクドナルドホールディングスは、5月から値上げに転じている。

   コーヒーチェーン店「プロント」を展開するプロントコーポレーションも2013年4月から、コーヒーなどの価格を最大で1割引き上げた。たとえば、ホットコーヒーのレギュラーサイズはそれまでの200円が220円になった。

   コンビニの淹れたてコーヒーは100円から150円と安い。そのうえ、コンビニは集客力が高いことがある。そこでコーヒー豆のブレンドを見直して、品質にこだわり、「おいしさ」を前面に押し出すことでコンビニと一線を画す作戦に転じた。

   外食産業を取り巻く環境は厳しさを増している。円安進行で食材の多くを輸入に頼っているばかりでなく、人件費の高騰、コンビニやスーパーの総菜や弁当チェーンなど、競争相手が同業他社だけでなくなっていることもある。

   前出のラーメンチェーン店は「消費増税が加われば、値上げは避けて通れない」と話し、「どの店も、どのタイミングで値上げするかだけのこと」とみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中