創価学会・池田大作名誉会長が創大視察 「健康回復」説の浮上を裏づけ?

印刷

   創価学会の池田大作名誉会長が2013年6月29日、東京・八王子の創価大学を視察した。聖教新聞社の公式サイト「SEIKYO online」が報じた。

   池田会長は「看護学部棟」や、新「学生センター」などをまわり、建設が進む新「総合教育棟」を訪問。創大の田代康則理事長、馬場善久学長、創価女子短期大学の石川惠子学長にあいさつしたという。

   池田会長の健康状態をめぐっては、公の場に出る回数が減り、脳梗塞などの説がささやかれていたが、「文藝春秋」13年1月号で香峯子夫人が「ラジオ体操を若い人たちと一緒にするのが、今も日課となっています。先般も、来日中のアフリカ10ヵ国の青年たちに会って激励しました」というエピソードを披露し、「健康回復説」も浮上していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中