2018年 7月 22日 (日)

故平山郁夫さんの妻、2億円の遺産申告せず

印刷

   日本画家の故平山郁夫さんの妻(87)が相続財産から現金約2億円を意図的に申告しなかったとして、東京国税局から追徴課税されていたことが2013年7月13日、分かった。新聞各紙がこの日報じた。

   追徴課税は重加算税を含め約1億5000万円で、すでに修正申告をして納付したという。

   平山氏の作品の著作権についても約1億円の申告漏れを指摘されているが、妻側は不服だとして国税不服審判所に審査請求したとみられる。

   平山氏はシルクロードや仏教をテーマにした作品で知られ、1998年に文化勲章を受章している。2009年に脳梗塞で亡くなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中