故平山郁夫さんの妻、2億円の遺産申告せず

印刷

   日本画家の故平山郁夫さんの妻(87)が相続財産から現金約2億円を意図的に申告しなかったとして、東京国税局から追徴課税されていたことが2013年7月13日、分かった。新聞各紙がこの日報じた。

   追徴課税は重加算税を含め約1億5000万円で、すでに修正申告をして納付したという。

   平山氏の作品の著作権についても約1億円の申告漏れを指摘されているが、妻側は不服だとして国税不服審判所に審査請求したとみられる。

   平山氏はシルクロードや仏教をテーマにした作品で知られ、1998年に文化勲章を受章している。2009年に脳梗塞で亡くなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中