2018年 7月 19日 (木)

JR北海道、特急で配電盤出火 2万人の足に影響

印刷

   JR北海道の千歳線を走行していた札幌発釧路行きの特急「スーパーおおぞら3号」で2013年7月15日9時15分頃、車内で焦げた臭いがすることに車掌が気付き、北広島市で緊急停車させた。臭いが出ていた配電盤からは出火しており、まもなく運転士が消火器で消し止めた。乗客約120人は列車から避難し、けがはなかった。このトラブルの影響で札幌と新千歳空港を結ぶ快速などが運休になり、旅行客ら約2万人の足に影響が出た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中