ヤマダ電機、個人用3Dプリンターを発売 10万円台後半

印刷

   ヤマダ電機は、樹脂を使って立体を造形できる「3Dプリンター」の個人向け製品を、2013年8月上旬にも販売する。7月18日、同社が発表した。米スリーディー・システムズが製造・販売する個人向けの小型機「Cube」(キューブ)と「CubeX」で、価格は10万円台後半からとなる見通し。

   米スリーディー・システムズの代理店業務を担うIT関連企業、JBCCホールディングスと組んで販売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中