菅元首相が自民党への「落選運動」呼びかけ

印刷

   民主党の菅直人元首相が参院選比例区選挙で自民党に投票しないよう訴える落選運動を2013年7月19日、自身のブログで展開している。

   参院選では自民党優勢が各紙世論調査で報じられており、「このままでは福島原発事故以来『原発ゼロ』を求めた多くの国民の意思が生かされません」と原発政策を理由にしている。

   選挙区ではなく、比例区にしたのは「選挙区選挙は自民党候補が落選しなければ効果が出ませんが、その点、全国比例区選挙では自民党に対する全国民による投票ですから、自民投票の多寡で批判の強さがはっきり出ますし、自民党の議席を減らすこともできます」と説明。比例区での得票率が10%以下になれば原発政策への批判が明らかになるとして、「安倍政権はたじろくでしょう」と意気込む。

   選挙戦最終盤での呼びかけだが、「まだ間に合います」という。韓国の大統領選を引き合いに、ネットでの呼びかけで形成が変わることを「ネット選挙のだいご味です」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中