2020年 7月 14日 (火)

フォロワーや「いいね!」が売られている 1000人分が5980円、ヤフオクでも出品続々

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ネット上での発信力の指標だとされるツイッターのフォロワー(登録読者)やフェイスブックの「いいね!」の数の「水増し」が明らかになるケースが相次いでいる。フォロワー数や「いいね!」増加を請け負うと称するウェブサイトが大量に存在するほか、オークションサイトでは、同様の作業を商品として「出品」する人もいる。これらの行為をツイッターやフェイスブックの運営会社は規約違反だとして禁じているが、それでも利用するのは何が目的なのか。

   フォロワーや「いいね!」の数が多いということは、そのアカウントが他の利用者から多くの関心や賛同を受けていることを客観的に示すことにもつながる。だが、ウェブ上をちょっと検索すると、「代行業者」の存在が容易に分かる。

1000増やすのに5980円。多く注文するほど割安に

ヤフーオークションでは「いいね!」を請け負うサービスが多数出品されている
ヤフーオークションでは「いいね!」を請け負うサービスが多数出品されている

   例えばある業者のウェブサイトによると、フォロワーや「いいね!」を1000増やすのにかかる値段は、それぞれ5980円。多く注文するほど、1つあたりの単価が安くなる仕組みで、価格面では比較的手が届きやすそうだ。

   人件費の安い海外で大量にアカウントを作成し、そのアカウントから依頼者のツイッターアカウントにフォローしたり、フェイスブックで「いいね!」を押したりしているとみられる。実際、この業者の「よくある質問」のコーナーでは「いいね!」やフォロワーは外国のもので、特に米国のものが多いことを明かしている。外国人が多いと不自然に思われる可能性については、

「初めに与えるインパクトの大きさを考えると、少ないままより多いほうがインパクトが強いと考えております」

と説明。日本人読者獲得のための呼び水になればよい、と割り切っているようだ。

   サイトの「お客様の声」によると、

「3,980円なのでアジアの人が大半かと思いましたが、アメリカの方が多く質としても悪くなかったです」

という声すらある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中