2019年 7月 18日 (木)

オウム真理教の替え歌で投票呼びかけ 中学教諭のツイッターに批判相次ぐ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   群馬県高崎市在住の公立中学校男性教諭が、かつてオウム真理教が衆院選に候補を立てたときに使った歌を投票呼びかけの替え歌にしてツイッターでつぶやき、批判が相次いでいる。

   この男性教諭は、1日に何回もツイートをしており、ネット上では、ある程度知られた存在のようだ。

「とーひょー、あさからとーひょー♬」

   参院選投開票日前日の2013年7月20日は、指導に行っている大学の部活動で学生たちが投票に行く気配がないとツイッターで嘆いた。自らも政治に興味がなく、何度も棄権したとしながらも、小選挙制になって選挙が面白くなったとし、「無関心はよくないよね」と書いた。

   そして、日本共産党のマスコットキャラがテーマソングなどで政治への関心を高めようとしているという報道を引き合いに出した後、こうつぶやいたのだ。

「とーひょー、とーひょー、とひょとひょ、とーひょー、あさからとーひょー♬」

   元の歌は、オウム真理教の教祖だった麻原彰晃死刑囚の名前をメロディーに乗せたものだ。

   すると、ツイッターでは、このつぶやきに対し、「不謹慎極まりない」などと非難が相次ぐ事態になった。「サリン事件で何人なくなった思ってんだ?まだ、苦しんでる人もいるのに」といった指摘や、実際に後遺症が残っている親族もいると怒る人も出た。

   そして、授業でこんな替え歌を歌っていないのかといった疑問が寄せられた。これに対し、男性教諭は、「生徒に選挙権ないですが」として、「なんでこうTweetそのまま授業でやると思うんですかね」と反論した。普通の大人なら、時と場所、場合に応じた教育をわきまえているともした。

   男性教諭は、翌21日もツイッターで弁明に追われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中