2018年 7月 20日 (金)

橋下氏、国政への関与「ほとんどなくなる」

印刷

   日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は2013年7月29日の囲み取材で、今後の国政との関わりについて「僕が関与することはほとんどなくなると思う」と述べ、国会議員団に判断を委ねる考えを明らかにした。

   橋下氏は7月27日の党執行役員会で参院選敗北の責任を取る形で辞意を表明していたが、石原慎太郎共同代表らが慰留したため、続投を決めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中