2018年 7月 20日 (金)

「慰安婦」情報サイト公開 学者ら「忘却を強いる勢力に抵抗」

印刷

   従軍慰安婦問題についての「歴史的な事実関係と責任の所在」を提供することを目指すとして、大学教授などからなる団体がウェブサイト「Fight for Justice 日本軍『慰安婦』―忘却への抵抗・未来への責任」を2013年8月1日開設した。制作に当たったのは「日本の戦争責任資料センター」「『戦争と女性への暴力』リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)」の2団体。慰安婦制度が「性奴隷制度」だったこと、「強制連行」があったことは明確である、との立場からの情報発信を通じ、

「『慰安婦』問題の事実をゆがめ、忘却を強いる勢力に抵抗するとともに、事実を未来に伝える責任を共有したい」

としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中