2019年 12月 12日 (木)

サザンライブにネット上で批判 「しばき隊寄り映像を放映」は本当なのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

桑田佳祐「君たち、どう思う?的な世間話を歌にした」

   ファン以外が騒ぐ事態となってしまったが、真相は少し違ったようだ。「しばき隊の映像が映された」とツイートしたユーザーが、情報が捻じ曲がって広まっていくのに対し、

「あの画面では竹島に上陸した李明博大統領や韓国のいわゆる従軍慰安婦デモや中国の反日デモの様子なども流れてましたよ」

と説明。とりわけ「在特会VSしばき隊」に焦点を当てた映像ではなく、サザンがどちらかに肩入れしているような意図は感じられない内容だったようだ。

   長年サザンのファンで、今回のライブに参加した女性も、J-CASTニュースに対し、

「桑田さんは政治的にどっち寄りということでもなく、どちらの立場も見せて問題提起して見る側に考えさせるという映像が多い。ピースとハイライトではむしろ各国の首相やリーダーを面白おかしく描いていた映像のほうが記憶に残った」

と話した。

   ちなみにサザンのボーカル・桑田佳祐さんは、タワーレコードのフリーマガジン「tower+」13年8月10日号のインタビューで、「ピースとハイライト」に込めた思いについてこう語っている。

「中国、韓国、日本という現代三国志みたいな状況があって、そういう問題を見ていて、その中で誤解とか不審とか歴史とか恨みとか憎しみがいつまで続くんだろうなと僕なりに思ったわけですよ。原発の問題もそうだけど、我々の子供たちの世代や孫の世代……これからの若い人たちにそういう問題をそのまま丸投げしていいのだろうかって。(中略)<君たち、どう思う?>的な、いわば世間話を歌にしたんですね。そういう僕らの呟きが歌になって広がって、どこかにうまくぶつかってほしいなっていう期待もあるんですよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中