福知山花火大会で屋台爆発 59人が重軽傷

印刷

   2013年8月15日19時半頃、京都府福知山市の由良川河川敷で開催予定だった「第72回ドッコイセ福知山花火大会」のため出店していた屋台が爆発する事故が起こった。

   朝日新聞の報道などによると、3~85歳の見物客ら59人が負傷、うち19人が重傷で、5人の症状が特に重い。自家発電機にガソリンを入れようとした際に出火し、近くのガスボンベに引火して爆発した可能性があるという。京都府警は業務上過失傷害容疑で事故原因を詳しく調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中