2019年 8月 18日 (日)

マーク・ザッカーバーグのフェイスブックページ、ハッキングされる

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)のページにパレスチナ人の男性研究者が侵入し、ウォール(自分の投稿が集まる場所)に投稿をおこなっていた。2013年8月21日までにわかった。

フェイスブックは報奨金の支払いを拒否

   米CNNなどによると、ハッキングをおこなった男性は、すべてのフェイスブックユーザーのウォールに投稿できるサービス上にセキュリティホールを発見した。

   男性は友人のページを使ってこれを試し、フェイスブックのセキュリティーチームにURL付きで通報した。男性のブログによると、当初フェイスブック側は通報に対して「男性がメールに貼ったリンク先が見られない」と返答した。これは、男性が試した友人のページ公開範囲が「友人限定」設定だったため。そこで、画面のキャプチャ付きで再度メールを送ったところあくまで「報告されている内容はバグではない」と返ってきた。再三のやりとりでも「バグではない」という主張が覆らなかったので、「そういうことなら、マーク自身に報告するほかない」と思ったという。

   そのため、男性は「あなたのプライバシーを侵害して申し訳ない」と断りながら、ザッカーバーグCEOのページに直接、バグ報告を書き込んだ。

   フェイスブック側はすぐに修正し、男性の報告をバグではないとした判断を19日に謝罪した。ただ、ザッカーバーグ氏のページをハックしたことが同社のポリシーに反するとして、バグ報告の報奨金制度に基づく支払いは拒否した。フェイスブックのバグ報告ページでは、善意のハッカーが大きな脆弱性を通報した際に最低500ドル(約4万9000円)がもらえることになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中