2018年 7月 23日 (月)

大戸屋、「お茶」と間違え「漂白剤」提供 飲んだ客は「数日の要安静」

印刷

   大戸屋ホールディングスは2013年8月21日、子会社の運営する定食店「大戸屋ごはん処 新宿靖国通り店」(東京・新宿区)で、漂白剤の希釈液を「お茶」と誤って提供したと発表した。

   20日午前8時ごろ、同店の従業員が茶渋を洗浄しようと、給茶用の小型ポットに希釈した塩素系漂白剤を入れた。午後2時ごろ、他の従業員が客1名に誤って提供し、「お客様から強い違和感を感じたとの訴え」があったという。被害を受けた客は、病院で診察を受け「数日の安静が必要」と診断された。

   同社は再発防止策として、食器やポットの漂白作業を営業時間中でなく閉店後に行い、営業開始前に再度洗浄することなどをあげている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中