米国務省報道官「立場は取らない」 マケイン氏「尖閣は日本領土」発言を否定

印刷

   共和党のジョン・マケイン上院議員が沖縄県の尖閣諸島について「『日本の領土』だというのが米議会と米国政府の立場」などと述べたことについて、米国務省のサキ報道官は2013年8月22日の会見で、

「尖閣諸島の根本的な主権に関する問題について、米国は立場をとらない」

と発言を否定し、従来通りの米国政府としての主張を繰り返した。

   マケイン氏の発言をめぐっては、中国外務省の洪磊報道官が22日、「無責任な言論をやめるように忠告する」と不快感を示していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中