2020年 9月 27日 (日)

五輪東京招致活動に原発事故が影響 韓国メディアから「汚染水問題隠ぺい」批判相次ぐ

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   2020年夏季五輪の開催地決定まで、いよいよ1週間を切った。開催地には東京以外にスペインのマドリード、トルコのイスタンブールの計3都市が立候補しており、「東京優勢」との声もある。

   だが、ここにきて、東京電力福島第1原発の事故が招致活動に影響するとの見方が出ている。特に、高濃度汚染水の問題に関する国会審議が先送りになったことが、韓国メディアの不興を買っているようだ。

   開催地は13年9月8日(日本時間)にアルゼンチンのブエノスアイレスに行われる国際オリンピック委員会(IOC)総会の投票で決まる。招致活動も大詰めだが、福島第1原発では汚染水問題の解決への道は遠く、その様子を連日海外のメディアも伝える事態になっている。

IOC総会前に審議紛糾するのを嫌った?

高濃度汚染水問題の解決への道のりは遠い(写真は福島第1原発内の汚染水貯蔵タンク、東京電力提供)
高濃度汚染水問題の解決への道のりは遠い(写真は福島第1原発内の汚染水貯蔵タンク、東京電力提供)

   東京電力は8月31日、汚染水タンクを調査中に4か所で高い放射線が検出されたと発表。測定された線量は最大で毎時1800ミリシーベルト(1.8シーベルト)で、人が4時間程度浴びると死亡するほどの強さだ。

   また、朝日新聞は8月30日、衆院経済産業委員会での汚染水問題をめぐる閉会中審査が9月中旬以降に先送りになったことを伝えている。閉会中審査は、国会閉会中に重要案件を審議する必要がある場合、国会の判断で開くことができる。経産省が打ち出す対策を踏まえてから審議日程を再調整することになった、というのがその理由だが、朝日新聞の記事では、

「9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会前に、委員会審議が紛糾すれば、2020年の東京五輪招致に影響しかねないとの判断も働いた」
「安倍政権はIOC総会前に予備費投入を含めた具体策を発表し、五輪招致への影響を最小限に抑えたい考えだ。閉会中審査の先送りは、政権の方針を国会が追認した形だが、汚染水事故よりも五輪招致を優先した、との批判を招く可能性がある」

とも指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中