トリチウム薄めて放出するべき 事故調最終報告書案

印刷

   日本原子力学会の東京電力福島第一原子力発電所事故調査委員会(委員長、田中知・東京大教授)は2013年9月2日、最終報告書原案をまとめた。

   東京電力福島第一原発事故で増え続ける汚染水について、放射性物質の除去装置でストロンチウムなどを取り除き、その後も残るトリチウム(三重水素)は自然界に存在する濃度まで薄めて海に流すべきだとする見解を盛り込んだ。

   トリチウムは水素の同位体。法で定める放出限度は1リットルあたり6万ベクレル。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中