2019年 7月 20日 (土)

世界企業のCEO輩出数、首位は米ハーバード大、東大が2位に

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は、世界的な大手企業トップの出身者数で順位付けした高等教育機関100校のランキングを、2013年9月5日に発表。首位は25人の最高経営責任者(CEO)が卒業した米ハーバード大学だった。

   日本からは東京大学が13人で第2位。アジアではトップだった。慶応大学が第9位でベスト10に入ったほか、京都大学(18位)、早稲田大学(20位)、中央大学(27位)、一橋大学(43位)など計9校がランク入りした。

   国別でみると、最多は38校が入った米国。次いで中国、日本、フランス、ドイツ、英国の順だった。

   このランキングは毎年「世界大学ランキング」を発表している同誌による初の試み。米経済誌フォーチュンの世界企業500社番付に入っている企業の最高経営責任者(CEO)が卒業したり学位を取得したりした大学を調査し、人数別に順位付けした。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中