2019年 12月 16日 (月)

日本マクドナルド新社長は「えびフィレオ」の立役者 「原田ワンマン」から「二人三脚」体制へ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本マクドナルドホールディングス(HD)の原田泳幸会長兼社長(64)が2013年8月27日、傘下の事業会社、日本マクドナルドの社長を退任した。後任にはカナダ法人出身のサラ・カサノバ氏(48)が就いた。

   「100円マック」などで経営の立て直しに成功した原田氏だが、最近は販売が低迷するなどワンマン体制にも限界が指摘されていた。突然の交代劇の背景には何があるのか。

直近の売り上げを回復するための人材を投入

   「日本のマーケットはダウントレンドで厳しい。直近の売り上げを回復するための人材を投入するのにベストなタイミングだと考えた」。原田氏は東京都内での記者会見で、社長交代に主体的に踏み切ったことを強調した。原田氏は持ち株会社の会長兼社長にはとどまる。

   後任のカサノバ氏はカナダやロシア、日本、東南アジアで勤務し、直近までマレーシアとシンガポールの地域責任者を務めていた。会見では「6カ国のマクドナルドで経営に携わった経験を生かし、日本法人のさらなる成長に貢献できると確信している」と抱負を語った。2004~2009年の日本勤務時には原田氏の下でマーケティングを担当。「えびフィレオ」などをヒットさせた経験を持ち、原田氏の信頼も厚い。

   原田氏は会見で、海外のマクドナルドとの連携の必要性を強調した。カサノバ氏のグローバルな手腕に期待しており、「私がベストタレントだと彼女を指名した」と明かした。カサノバ氏を招くことで海外でのメニュー展開やマーケティング手法、店舗運営のノウハウなどの導入を加速させるのが狙いというわけだ。事業会社の通常業務と海外との連携をカサノバ氏が担当し、それを原田氏が支えることで二人三脚の経営を進めるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中