2019年 9月 19日 (木)

「PS4」公式ブログが炎上「ユーザー軽視だ」 日本発売が欧米より3か月も遅れるとは

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   年末商戦に向けて投入されると報道されていた据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の国内の発売日が欧米より遅くなると、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発表した。

   これを受けて日本のファンからは、「いくらなんでも遅すぎる」「日本軽視もここまで来たら論外」などのコメントがプレイステーションの公式ブログに多数書き込まれ、炎上状態になっている。

「遅くても12月だと思ってました」

プレイステーション公式ブログ
プレイステーション公式ブログ

   SCEが発売する「PS4」は、同社の据え置き型ゲーム機の新型として約7年ぶりの製品だ。ネット接続によるソーシャル機能を強化し、Ustreamやニコニコ生放送などを使ってリアルタイムで配信したり、コントローラの「SHAREボタン」で簡単に録画映像をFacebookに投稿できたりといった新機能があり、日本ユーザーからは「早く遊びたい」との期待が高まっていた。

   しかし、9月9日に行われた同社のカンファレンス「SCEJA Press Conference 2013」で発表された日本の発売日は、2014年2月22日だった。北米は2013年11月15日、欧州とラテンアメリカは11月29日に発売のため、日本ではそこから約3か月遅れてようやく入手できることになる。これまでプレイステーションシリーズ3機種はいずれも日本で最初に発売されていたことから、今回の「PS4」が他国より3か月遅れて発売されると予測していたファンは多くなかったようだ。

   プレイステーションの公式ブログには、

「発売が他国よりも遅れることはとても残念に思っています。もし少しでも発売を早めることができるのなら、努力をしてもらいと感じています」「遅くても12月だと思ってましたが、まさか2月まで待たされるって・・・ 洋ゲーをプレイしないユーザーが4万も出して発売日にゲーム機を買いますか?そんな人あまりいないと思いますよ」

など、発売日が遅いことを残念がる声や、批判するコメントが相次いでいる。

   同ブログではカンファレンスの補足として、日本での発売が遅れる理由をSCEJAの河野弘社長が説明している。新しいプラットフォームの展開には、本体と同時に発売されるタイトルが十分に揃っている事が最も重要だという。

「今回、既に発表されているタイトルは海外タイトルが多く、それらのタイトルを日本で展開するための準備に多少の時間を要します。また、国内のソフトウェアメーカー各社様のタイトルも当然ラインナップに加えるべきと考えました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中