和田アキ子、みのもんた出演自粛に疑問 「息子31歳なのに親の責任なのか」

印刷

   和田アキ子さんが2013年9月15日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、窃盗未遂の容疑で次男が逮捕された、みのもんたさんに言及し、報道番組への出演自粛に疑問を投げかけた。

   みのさんは次男の逮捕を受けて9月13日夕方に、神奈川県鎌倉市の自宅前で会見し、TBS系の「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのもんたのサタデーずばッと」の出演を見合わせることを発表した。

「こういう時にいつも親が責任とるの」

   次男について「家族とは言え、30過ぎの男は別の人格。あれこれとやかく言う筋合いのものではないが、どうしても家族の一員、次男という気持ちは切っても切れない」としたうえで、報道番組への出演自粛の理由を「今の私では身びいきになるような立場に立ってしまうのではないかと苦慮した。そういう立場からいったん自粛しなければ事は収まらないと思った」

などと説明していた。

   「アッコにおまかせ!」でアッコさんは慎重に言葉を選びながら、「中学生、高校生だったら親の責任だけど、ご子息は確か31歳ですよね。こういう時にいつも親が責任とるの?」と疑問を語った。

「バラエティーは息子さんがいた局でしょ」

   また、TBS系の報道番組は自粛するが、日本テレビ系バラエティー番組の出演は継続することには、「報道番組は出演自粛ですけど、バラエティーは息子さんがいた局でしょ。微妙ですよね」とコメント。「でも自粛って本人がおっしゃったし。あたしたちは、みのちゃんが早く戻ってこれるように。明るいみのちゃんが早く見たい」

と呼びかけていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中