「もんじゅ」データ伝送システムが停止 復旧のめど立たず

印刷

   日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)で、原子炉の状態などのデータを国に伝送するシステムが2013年9月16日未明に止まり、17日昼現在も復旧のめどが立たない状態になっている。

   報道によると、台風18号で起きた土砂崩れで、伝送用の光ケーブルが損傷したとみられている。なお、もんじゅの原子炉は停止中になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中