2019年 4月 21日 (日)

ホンダの新型スポーツカーに期待膨らむ 「NSX」と「S2000」がそろってこそ「本当の復活」だ!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「S2000」の発売、「予定はない」というが…

   現在生産を中止している、もう一方のスポーツカー、ホンダ「S2000」への期待も高まるばかり。「NSX」も後継車両が正式発表まではウワサが絶えなかったように、S2000の後継車両も生産が終了してから、たびたびささやかれてきた。

   S2000は、ホンダが1999年から2009年まで販売していたオープン2シーターの、小型軽量FR(フロントエンジン・リアドライブ)スポーツカー。09年1月に、同6月に生産終了することを発表。その後もしばらく注文が相次ぐなど、惜しまれつつ生産を終了したこともあって、今なお根強い人気を誇る。

   ホンダは「現段階では発売はもちろん、開発の予定もありません」と否定する。

   ただ、インターネットでは2008年のモデルチェンジがリーマン・ショックによって頓挫した経緯から、「リーマン・ショックからの復活は『S2000』の復活があってこそ」「『NSX』と『S2000』の両方がそろって、はじめてホンダが復活する」など、「新型S2000」を待ち望むカキコミが見られる。

   さらには、新型「S2000」の車体がマツダの「MX‐5(ロードスター)」よりも小型になるとの情報や、後継車両に搭載されるパワートレインが「新型フィット」に搭載されている仕様になるとの見方も。またS2000の後継として「新型NSX スモール版」が計画されている、との推測もみられる。

   ホンダのスポーツカーをめぐっては、2013年9月17日付のレスポンスがオーストラリアの自動車メディア「motoring.com.au」の報道として、次世代「CR‐Z」の車台が、新型シビック・タイプRがベースになる、と報じており、期待と関心の高さがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中