2018年 7月 22日 (日)

9月の日銀短観、大企業製造業の景況感が「プラス12」 リーマン後で最も高い水準

印刷

   日本銀行が2013年10月1日に発表した9月の全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が、大企業製造業でプラス12となり、前回調査(6月、プラス4)から8ポイント上昇した。改善は3期連続で、2008年のリーマンショック以降で最も高い水準に回復した。

   堅調な米国経済や円安の定着による輸出の持ち直し、また消費が底堅く推移し、企業の好業績が続いているのを反映した。幅広い業種で企業心理の改善が一段と進んだ。

   ただ、中小企業は製造業が5ポイント改善してマイナス9、非製造業は3ポイント改善してマイナス1といぜんマイナス圏内にとどまっている。

   結果、調査対象のすべての企業をあわせた「全規模・全産業」の景気判断は、プラス2ポイントとなり、5年10か月ぶりにプラスに転じた。

   なお、業況判断指数(DI)は、企業の景況感を「よい」から「悪い」を引いた割合で示す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中