ソフトバンク「滞納」誤登録6万件 カード契約できないケースも

印刷

   ソフトバンクモバイルは2013年10月1日、携帯端末を割賦契約で購入した一部顧客に関して、実際は代金が支払われているのに「滞納」として誤った情報を信用情報機関に登録していたと発表した。

   誤登録の件数は6万3133人で、09年10月から今年8月までの入金分が「未入金」となっていた。うち1万6827人分は金融機関などに情報が渡り、クレジットカード契約時などに支障が出た可能性がある。原因はプログラムの設定ミスで、3月に顧客から苦情が寄せられて発覚した。現在ではすべて修正されているという。

   この件について同社は経済産業省へ報告したほか、影響を受けた可能性のある顧客に謝罪の連絡をしたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中