日本傷痍軍人会が解散式 高齢化と会員減で

印刷

   太平洋戦争などで負傷や病気をした元兵士らでつくる「日本傷痍軍人会」の創立60周年記念式典および解散式が2013年10月3日、明治神宮会館(東京都渋谷区)で行われた。

   最多時に約35万人いた会員は今年3月末に約5000人まで減り、会員の平均年齢も92歳となった。同会は会員の減少と高齢化を受け、11月末には正式に解散することが決まっている。

   会は1952年に発足し、戦争で負傷した軍人の生活援護や福祉相談を担ってきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中