2019年 12月 13日 (金)

JAL、初のエアバス機購入 燃費の良さを評価、A350最大56機発注

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本航空(JAL)は2013年10月7日、仏エアバス社が開発中の大型旅客機A350型機を、現行の主力大型旅客機ボーイング777型機の後継機種として最大56機発注すると発表した。

   JALグループで運航している飛行機は、小型機を除くとすべてボーイング社製で、旧日本エアシステム(JAS)時代を除くと、JALがエアバス機を購入するのは初めて。方針転換の背景には何があるのか。

777と比べて燃費25%、787と比べて6%優れる

A350の模型を手にするエアバス社のファブリス・ブレジエ社長(左)とJALの植木義晴社長(右)
A350の模型を手にするエアバス社のファブリス・ブレジエ社長(左)とJALの植木義晴社長(右)

   A350は13年6月に初の試験飛行を終え、14年にも就航予定。すでに世界38社が計756機を確定発注している。JALは19年に就航させたい考えで、A350-900型機(314席)を18機、A350-1000型機(350席)13機を確定発注。最大25機を追加購入できるオプション契約も結んだ。購入価格は非公表だが、カタログ価格では31機で9500億円。

   JALは1990年代後半に777型機の導入を始め、2013年6月末時点で777型機を46機保有している。全般的に老朽化が進んでおり、19年から6年程度かけてA350に置き換える。その結果、JAL機に占めるエアバス機の割合は15%程度になる。

   JALは10年の経営破綻にともなう更生計画で、旧型機材を多く退役させてきた。その一環として旧JASから引き継いだA300-600R型機が11年に退役したのを最後に、エアバス機は全て退役。大型機と中型機はすべてボーイング社製になっていた。

   エアバス機とボーイング機では、整備や操縦方法に大きな違いがある。そのため、エアバス機を引き続き採用している全日空(ANA)などと比べて整備やパイロットの訓練の面で効率化できる面もあったが、そのメリットを捨ててまで「エアバス回帰」を決断した形だ。

   植木義晴社長は、この点について、

「当然ある意味での初期投資は必要になると認識している。その経済性を加味してA350に確定した」

と説明。エアバス社の説明によると、A350の燃費はボーイング777と比べて25%、787と比べて6%優れているとされる。燃費向上のメリットが、整備や訓練が煩雑になるというデメリットを上回ると判断したようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中