2021年 8月 2日 (月)

史上最年少でボス就任、女性問題で追放、復活… 超高齢でも「最強のボス猿」ベンツの波乱万丈

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今、1匹の猿が日本中の注目を集めている。

   その名はベンツ。大分市の高崎山で約750匹のニホンザルの群れを束ねる「αオス」、いわゆるボス猿だ。

   推定年齢35歳、人間ならば110歳という超高齢なのだが、失脚、失踪といった事件を乗り越えながら、ボスとして君臨を続けている。その波乱万丈の「猿生」、そして統率力には、人間界のリーダーたちも真っ青だろう。

No.2に毛づくろいをさせ堂々君臨

   2013年10月5日、野生ニホンザルの餌付けで知られる高崎山自然動物園に、多くの報道陣が詰め掛けた。前日に山に戻った「失踪ボス猿」ベンツをカメラに捉えるためだ。

   9月半ばに山から姿を消した「C群」ボス・ベンツは、10月1日、約7キロ離れた住宅街でひょっこり見つかった。本来、2週間近くも留守にした場合、ボスと認められず排斥されることも珍しくなく、ベンツが群れに「復帰」できるかどうかに注目が集まっていた。

   しかし人々が見たのは、C群の猿たちを率いて悠々とエサ場にやってきたベンツの姿だった。ベンツはカメラを前に、序列No.2のゾロメに毛づくろいをさせ始める。目を閉じ、実に気持ち良さそうだ。一方のゾロメはいかにも甲斐甲斐しい。ボス「続投」を印象付けるその姿に、動物園の職員も「過去例のないことをやってのけた猿が、今回もやってくれたな」と驚きを隠さない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中