2019年 8月 22日 (木)

北朝鮮が韓国にGPS妨害電波 航空機への被害も1137件、日本路線に影響ないのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   全地球測位システム(GPS)に対する妨害電波が北朝鮮から発信され、韓国の交通機関に「深刻な被害」が出ていることが明らかになった。特に航空機に対しては、ここ3年強で1000件を超える影響が出ているという。現時点では日本に関係する路線への影響は確認されていないが、それでも「怪しい」ケースはあるようだ。

回を重ねるごとに被害件数が急増

韓国では航空機への被害が1137件も確認された(写真はイメージ)
韓国では航空機への被害が1137件も確認された(写真はイメージ)

   聯合ニュースなど複数の韓国メディアが2013年10月9日に伝えたところによると、科学技術などを所管する「未来創造科学部」が同日、与党セヌリ党に所属するキム・ギヒョン議員に「GPS電波妨害に関する被害事例」と題した報告書を提出した。

   報告書によると、北朝鮮によるとみられる妨害電波は過去3つの時期に集中的に発信され、合計1402件の被害が確認された。内訳は航空機1137件、艦艇4件、船舶225件、漁船36件と、航空機への影響が全体の8割以上を占める。被害件数は回を重ねるごとに急増。航空機の場合、10年8月の妨害では15件だったが、11年3月は106件、12年4月は1016件だった。

   それ以外にも、携帯電話3社の基地局にも影響があり、通信品質が一時的に低下したという。

   ここで気になるのが日本への影響だ。日本と韓国を結ぶ路線はもちろん、日本と北京や大連を結ぶ便も韓国上空を通過しているためだ。結論からすれば、韓国の航空当局が航空情報(ノータム)を出して注意を呼びかけたこともあって、実害は出ていないようだ。

   日本航空(JAL)広報部や全日空(ANA)広報室の説明によると、両社の便では妨害電波が原因の不具合は報告されていない。国土交通省の管制課でも「そのような話は上がって来ていない」と話している。少なくとも日本側で被害は確認されていないようだ。

   また、GPSは航法装置の中では補助的な存在に過ぎず、仮にGPSに不具合が出たとしても安全に運航できることになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中