2018年 7月 20日 (金)

石川遼、米ツアー自己最高タイの2位 「優勝と6打差、情けない…」

印刷

   プロゴルファーの石川遼選手(22)は、2013年10月20日の米男子ゴルフツアーのシュライナーズホスピタル・オープン最終ラウンドで、8バーディー、2ボギーの通算18アンダーを記録。第3ラウンドの5位から浮上し、ジェーソン・ボーン(米)と並ぶ2位タイとなった。

   石川選手にとっては昨年(12年)3月のプエルトリコ・オープンとならび、米ツアーでの自己最高順位タイとなる。石川選手は公式サイトで21日、

「優勝と『6』打差…… 情けない… 応援ありがとうございました」

とコメントを出している。優勝したウェブ・シンプソン(米)は、通算24アンダーだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中