2018年 7月 20日 (金)

薄型テレビ出荷、2年ぶり増加 「落ち込みに歯止め」

印刷

   薄型テレビの2013年9月の国内出荷台数は48万7000台で、前年同月と比べて14.2%増えた。電子情報技術産業協会(JEITA)が10月21日に発表した。前年を上回ったのは、地上波デジタル移行による買い替えが多かった2011年7月以来、2年2か月ぶり。

   高画質の「4Kテレビ」がけん引。37型以上の大型テレビの出荷台数が37.7%増の17万2000台と大幅に伸びた。小型テレビの出荷台数も0.8%増と前年比プラスになった。薄型テレビが大半を占める「映像機器」の出荷額は4.1%増の635億円だった。

   JEITAは「景気の回復傾向もあり、地デジ移行時の需要先食いによる落ち込みに歯止めがかかってきた」とみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中