ホンダ 「軽」スポーツカー、市販化に向けて「東京モーターショー」に出展

印刷

   ホンダは、2013年11月23日から一般公開が始まる「東京モーターショー」で、軽自動車規格のスポーツカー「S660」の試作車を出展すると、10月23日に発表した。

   S660は2人乗りのオープンカー。エンジンの排気量は名前のとおり660㏄で、「小さくても本物のスポーツカー」を目指している。躍動感を強調したデザインで、シャープなヘッドライトやコックピットのような運転席が特徴。

   2014年の市販化に向けて開発を進めており、維持費が安い軽自動車の人気が高まるなかで若者層など新たな顧客の獲得を目指す。価格や発売時期などの詳細は「未定」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中