2022年 8月 11日 (木)

ポールがオノ・ヨーコと和解、米誌で語る 「時が癒しを与えてくれた」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   長い間不仲が「定説」だとされていたオノ・ヨーコ氏(80)とポール・マッカートニー氏(71)の関係が雪解けを迎えつつあるようだ。マッカートニー氏が米誌とのインタビューの中で明かした。

   「時が癒しを与えてくれた」というが、ジョン・レノン氏へのあつい信頼も和解の背景にあるようだ。

01年には、オノ氏に会うことを拒んで追悼イベントを欠席

   マッカートニー氏が心境を明かしたのは、2013年10月25日発売予定の米情報誌「ローリング・ストーン」。同誌の電子版が、インタビューの概要を10月23日に伝えた。

   不仲の原因は、ビートルズの楽曲のクレジット表記だとの説が根強い。マッカートニー氏は同誌の01年のインタビューで、ジョン・レノン氏の追悼イベントに出席しなかった理由を、オノ氏に会うことが「困難だから」だったと明かしている。かつては、オノ氏のことを「たちが悪いやつ」とののしるほどだった。

   記事によると、2人の間にできた壁は「取り壊された」といい、その理由は「時間。大いに癒しを与えてくれた」と説明された。12年という長い歳月が、両者のわだかまりを解消したことになる。

   マッカートニー氏の心の中には今でもジョン・レノン氏が生きている様子で、作曲の際には「会話をする」という。このことも、和解の後押しをしたようだ。

「もしジョンが彼女(オノ・ヨーコ氏)のことを愛しているのであれば、何かあるはずだ。彼は愚かではない」

   また、01年に死去したジョージ・ハリスン氏のことも頭をよぎったという。

「ジョージは、『こういうことが人生にまとわりついているのは嫌だろ?』と言うだろう」
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中